電話:0086-512-58740599
   
ウェーブスプリング、リングの製造を専門にします

材料工程


炭素鋼

回火スプリング鋼

SWRH72A炭素回火スプリング鋼はリングとスプリングの通常材料です。回火処理によって、材料の耐延強度と屈服強度が最適になり、弾力がよくなります。

炭素鋼が腐蝕性が弱いので、製品は表面特殊処理で錆を防止します。黒処理や錆防止油で処理され、酸性とアルカリ環境で使わないでください。

使用温度

炭素鋼の磁気がつよいです。表面処理によって、ブルー、黒、灰色の色があります。

 

ステンレス

SUS304Hステンレス

304H高炭素ステンレスはスプリングとリングの材料としてよく使われます。極度の冷却後、強い強度と弾力をもち、耐酸化と耐腐蝕性をもっています。製品は低温と応力熱処理されます。

使用温度

304Hステンレスは冷却後低磁気をもっています。違う熱処理方法で、銀色、銀灰色、金色などの色があります。

SUS316ステンレスニクロムステンレスは304Hの機械性能とほぼ同じです。316ではニクロムが多いので、耐腐蝕性は304Hより強いです。製品は低温と応力熱処理されます。

316ステンレスは冷却後、低磁気をもっています。違う熱処理で、銀色、銀灰色、金色などの色があります。

SUS631(17-7PH/C)ステンレス

631はアルミニウムを含む沈澱硬化ステンレスで、304Hと同じな耐腐蝕能力があります。冷変形、沈澱硬化複合強化され、ハイレベルな強度と弾力をもちます。スプリングの製造に向いています。多応力が耐疲労と高応力の情況では、リングにも使われます。17-7PHの弾力は硬化処理によって状態CからCH-900まで実現され、製品は343でも弾力を失わないのです。

使用温度

SUS631ステンレスは冷却後低磁気を持ち、大気で沈澱硬化熱処理されてから、17-7PHはブルー、ブラウンになります。保護雰囲気で熱処理されたあと、銀色や銀灰色になります。

 

スーパー合金ステンレスINCONELX-750*

このニクロム合金は高温の腐蝕環境に使われ、良い耐硫化の性能を持っています。下記には通常焼き戻しInconel X-750が沈澱硬化熱処理される二つの弾力状態です:

          この状態の製品の使用温度は-200-370です。

            この状態の製品の使用温度は -200-550です。

リングとウェーブスプリングの加工に適用します。

INCONELX-750は無磁気です。大気で熱処理されたリングとウェーブスプリングはブルー、ブラウンあるいは銀灰色です。

 

材料表面処理

錆防止油浸透

運送と蓄蔵で錆を防止するため、錆防止油を浸透するのは炭素鋼製品の処理方法の一つです。その方法の防止効果は環境によるのです。

黒化(煮黒)

黒化はアルカリ性酸化ともいい、炭素鋼表面処理方法の一つです。その方法は、製品の表面に黒い酸化膜を形成させ、錆の防止と美化をします。耐腐蝕効果は油よりよいのです。

鈍化

鈍化はステンレス材料の表面処理方法の一つです。鈍化されたステンレスの表面には緻密な酸化膜が形成します。表面の光沢度と耐腐蝕能力を高めます。

 

脱脂材脱脂 超音波洗浄

ステンレス材料の洗浄と表面処理方法の一つです。材料表面の油及びほかの有機物を取り除きます。超音波は洗浄効果を強化します。

機械バリ取り 手動きバリ取り

スプリングとリングの口部分ではバリがあるのは通常です。機械でバリ取り或いは手動きでバリを取れます。機械バリ取りは表面を光沢させます。

 

ショット処理

ショット処理はウェーブに使われます。小さいステンレス玉でウェーブスプリングの表面をショットし、表面には一定の厚さの強化層を形成し、微小の欠点を取り除き、応力集中を減らします。ショット処理されたウェーブスプリングの疲労寿命は倍増えます。

探す
波バネ

穴径
サークリップ

軸径
ニュース
電話:0086-512-58740599
E-mail:haujoy@wavespring.cn
アドレス:張家港市杨舍镇晨阳周家桥(スタンド後)
济南网站建设济南网站建设公司